アメカジ通販のMUSHMANS(マッシュマンズ)。越谷イオン レイクタウン近くのアメカジショップです。




MUSHMANS FOOTWEAR

【再入荷!】"Plain Toe Shoes" ANNONAY VOCALOU Black[MSF-003]

価格 56,000円(税込61,600円)

購入数
Size
MUSHMANS Footwear 第三弾モデルPlain Toe Shoesが再入荷いたしました。

夏と言えども夏専用モデルという事にはせず、夏でも快適に楽しむ事の出来るモデルとして開発したのが今回のラインナップでございます。

トラディショナルな"Plain Toe/プレーントゥ"仕様のShoes。
日本人特有の足形状にフィットするよう計算し開発した専用ラスト(木型)に熟練の職人によって作り上げられるアッパー。
堅牢さと耐久性を兼ね備えたグッドイヤーウェルテッド製法にて作り上げます。



今回MUSHMANSでは初採用となるマテリアルも拘りのポイント。

仏"ANNONAY/アノネイ社"のVOCALOU/ボカルー


"TANNERIE D'ANNONAY"

フランスの名門タンナーである『Tanneries du Puy /プイ社』(一般的にデュプイと呼ぶ)から1984年に独立したのが、ここで紹介するANNONAY/アノネイ社(以下アノネイ)
創業から30年程度という事で歴史から言えば浅いとも言えますが、フランスの高級皮革タンナーとしてはデュプイと双璧をなすタンナーなのです。

フランス国内は勿論の事、世界有数の名ブランドに支持され採用されるアノネイ社のレザー。
パリから600km程南下したANNONAYという町から付けられたアノネイ社。
風光明媚な山々に囲まれ、ミネラル分が豊富だといわれるカンス川の水に恵まれた町でその良質な源泉水を利用して丹念に鞣されております。

アノネイ社の"ボックスカーフ"はデュプイ社に勝るとも劣らないと言われておりまして
製品を実際に触っていただくと一目瞭然ではありますがコシが強く堅牢、故に新品時は硬く感じるものの 使い込む程にしなやかに馴染む。
コレばっかりは所有してみていただかないと感じられないとは思いますが、手強そうでありながら、相対してみると優しい、でも強靭な精神を持っている。

そんな感じの革です。

さて、上記のご説明の中に出てきた"ボックスカーフ"ですが
このボックスカーフに関してもご説明しようと思います。
今までMUSHMANSで使用するレザーマテリアルはベジタブルタンニン鞣しの革を多用しております。
今回使用しているマテリアルはクローム鞣氏なのですが、今回のようなモデルを作る際にはクローム鞣しの方が向いているという事もございます、作品によって適材適所という事です。

ただし、クローム鞣しといっても大量生産を目的にそれを用いているレザーではございません。

このボックスカーフはクローム鞣しを短時間施しカゼイン系の仕上げ剤を用いて表面処理するカーフを指します。

ボックスカーフの"ボックス"の由来には諸説ありますが、英ロンドンの名門靴店
Joseph Boxの名前が由来となって使用されていると言われております。
※Joseph Boxは1950年代にJohn Lobbに吸収されています※

現代の『ボックスカーフ』の定義は、シボを全く入れずに銀面の表情を生かした美しい表情のレザーを指しますが、この定義は時代の移り変わりと共に錯綜している感はございます。

色に関しても同様で『ボックスカーフ』という呼称のものは自動的に"黒"のみです。

同じ製法で作られ、黒以外のレザーは『Willow Calf/ウィローカーフ』と呼ばれます。

即ち、今回の作品は
ANNONAY社のVOCALOUという名のWillow Calf/ウィローカーフを使用しているのです。
たまにブラウン色のレザーをボックスカーフと表記して販売している商品がありますが
一応これは間違いであるという事になりますね。


アメリカントラッドなプレーントゥシューズを
Made in Japan で再現した一足が今回のモデルです。
一般的な日本人の足に最適なラスト(木型)を用い、作り込みの良さと履き心地の良さを追求。
カジュアルスタイルでは勿論の事、スーツなどのスマートカジュアルシーンでも使用いただけるアイテムで、使い倒せる1足を御提案いたします。
スマートさを持ちつつも、足元の迫力を維持したボリューム。
アッパーの縫製も美しく、ワークブーツとは一線を画す仕上がりとなりました。


アウトソールには本底用のレザーソールを使用しておりますが使い勝手を考慮しVibramソールセーバーを装着しております。
通常ですと圧着のみで終わりですが、剥がれてしまわないようミッドソールと共に出し縫いをかけております。それほど減るソールでもないので有効な手段です。

アーチ周辺のコバは、角を落とした丸コバ仕上げ。

随所にドレスシューズのディテールが垣間見られる仕様になっております。


手強くも、良く馴染むレザーマテリアル。

長年に渡り継承され続けた、靴を作る為の最上級マテリアル。
長年に渡り継承され続けた、日本の靴職人の技術力。
長年に渡り継承され続けた、トラディショナルな製法。


使用するラスト(木型)はジャパニーズフィットを優先しD〜Eワイズ設定です。
幅広・甲高の足にも、確実にフィットするラストです。
サイズ設定は24.0cm(US 6in)〜27.5cm(US 9.5in)までの8サイズ設定と豊富なサイズ設定となっておりますので、確かな1足を御用意できます。

Price:56,000yen+tax
ファクトリーとの直接取引によって実現するプライスも魅力です。
今までに培った知識を活かす事でメーカーと同様の内容を実現。
そして、ファクトリーと直接的に提携する事によって無駄なコストを削減出来ました。
専用BOXにてお届けいたします。



商品紹介BLOG
コチラをClick!!

商品紹介BLOG
コチラをClick!!